日本の国石。

<Jadeite>翡翠/ひすい

型番:〈JADEITE-01〉

「翡翠/ひすい」は日本を代表する石として
2016年 日本鉱物科学会により日本の国石に指定されました。

「翡翠/ひすい」の名で呼ばれる石は大きく分けて2つ、Jadeite/硬玉と、Nephrite/軟玉です。 色も肌合いもそっくりですが鉱物学的には全く別物。Nephrite/軟玉は半貴石(semi-precious stones)の仲間で産出量も多く容易に手に入りやすい石ですが、色、透明度に秀でた Jadeite/硬玉は貴石(precious stones)の仲間でとても希少です。硬玉翡翠には、最もよく似た軟石をはじめ水晶やメノーなど多くの類似石があります。

硬玉翡翠は日本で採れる数少ない貴石(precious stones)で、紀元より前の今から五千年以上前、縄文時代前期末の遺跡 から多くの遺物が見つかっています。稀少性と構造の堅牢さ、類まれな美しさから護符として、また儀式に用いられたり力の象徴として人々の身を飾りました。この事実は世界で最も古い硬玉翡翠の利用や交易の証として記録されています。硬度はそれほど高くないながら、薄くしたり矢じりの様に尖らせても欠けや割れの出ることが少ない強靭さ(靭性)が翡翠の秘めたる特徴です。葉にとまった水の雫に例えられる静かで深い色合いを持つ翡翠の美しさ、強さは、寂や幽玄といった我々日本人の根元の美意識 にすんなりと呼応するものです。

扱う量の多さから硬玉翡翠は中国産だと思う人が多い様ですが中国で硬玉は採れません。中国のヒスイ文化の多くは軟石や水晶で、硬玉翡翠の歴史は日本の方がずっと古く歴史的にも独自の翡翠/ジェイド文化圏を築いていたと確実に いえるようです。

しばらく前の資料ではありますが、女子短大生に向けたアンケート調査によると、よく知る宝石の1位はダイヤモンド。ルビー、 真珠、サファイヤ、エメラルドと続いて翡翠(ヒスイ)の名前はなかなか出てきません。良質の出現率の低さとその高価さの割には控えめで地味な存在のため、特にお若い女性の方々には目に留まる機会がどうしても少なくなります。良質翡翠のトロリとした透明感と僅かに青みを帯びた深い緑はとても神秘的。ゴージャスできらきらと光り輝く透明石の華やかさとは違った落ちつきのある美しさと、包み込むような平穏を与えてくれる宝石です。

[製品仕様]

JADE(JADEITE)

日本の国石。

<Jadeite>翡翠/ひすい

型番:JADEITE-01

お電話でご注文、承ります。

お気軽にお問合せ下さい。

〒424-0817 静岡県静岡市清水区銀座11-22

店舗背面に専用駐車場がございます。

店舗情報・アクセスはこちら >

Representative Item